ギックリ腰

 

 昔は「びっくり腰」という表現もなされていました。現在ではほぼ「ギックリ腰」で統一されているようです。

 

 さて、このギックリ腰、ある動作の瞬間、ギクッと腰のスジを違えたかのように痛みが走り、そのまま伸ばそうにも、屈もうにも、痛みで動きが取れなくなってしまうもの。

 

 命に別状があるわけではないので、はたから見ていると、その格好がどこかユーモラスでさえあり、笑われてしまうこともあるのですが、当人にとっては重大問題です。

 

 仕事どころか、日常生活が困難になるのですら・・・・
 こればかりは経験者でなければ、中々共感してくれないでしょう。

 

 原因の80%は脊柱近傍の深層部にある「深部脊柱筋群」といわれる短い筋肉にダメージが発生してしまうか「最長筋」という同じく脊柱を支える浅層部にある長い筋肉に問題が起きるものです。

 

 それらによって、二次的に微妙な腰椎のズレが生じ、長引いてしまうケースもあります。

 

 病態としては2種類ありまして、一つは強い筋断裂を伴い、一種の肉離れのような状態になるもの。

 もう一つは断裂自体はさほどでもなく、むしろ強烈な筋短縮によって痛みが出ているもの。

 

 タイプによって対処法が違ってきます。


 前者の場合は、断裂ですから、その傷がある程度まで瘉えるまで、触らないほうが賢明です。2日くらい日をおいてから施術し、少し安静にして頂きます。全治するまで一週間くらいかかるかもしれません。

 

 後者の場合は一分でも早く施術すべきであり、また手技療法がもっとも功を奏するタイプです。

 

 自分でこの区別はできないのですが、大まかに言って、過去、何度かギックリ腰を起こしたことがある方は後者の場合が多いので、間を置かず来院されたほうが良いと思います。

 

 生まれて初めての経験だ!という方は筋断裂が伴っていることが多く、述べたように発症後2日くらい日にちを置いてから来院してください。

 

 いずれの場合でも、ギックリ腰を期に慢性腰痛症を得てしまい、ほぼ一生の間、腰痛とお付き合いしなければならないのが、最悪のケースです。

 

 放っておいて仮に治ったとしても、そういう腰痛の種を抱えることになりますから、一度来院されたほうが賢明です

 

施術について(時間料金等)へのリンク

 

この無料メルマガはブログ記事の案内と、その記事の背景にある公式的には書けない内容をお届けするするものです。メールアドレスを記入して登録ボタンをクリックするだけ!

お気軽にどうぞ!