膝の痛み

 

 一口に膝痛と言いましても、膝の内側が痛い場合、膝の外側が痛い場合、膝の真ん中の深部が痛い場合と、痛む箇所によって、重点が違ってきます。

 

 整体において、これらのことを明確に区別して施術するところは少なく、それであるが故に、本来、強力な治療手段である手技療法が軽視される原因ともなっているのです。

 

 当院はもちろん、これらを区別し、それぞれ最適な重点ポイントを見出していきますが、共通するポイントとして、意外に見落とされているのは足の裏です。 

 

 もともと膝関節は足関節と股関節の補正器官であるため、足との関係はとても深いものです。

 

 特に足裏を緩めますと、足首自体の自由度が回復され、それだけで膝への負担が減ります。


 ですから、膝のどの部位が痛もうと、足裏へのアプローチは必要なのです。(ただし、パーカッションハンマーで緩める場合はこの限りではありません。この機器は眠ってしまうくらい気持ちが良くて効果も抜群なので、膝痛に使うケースが多くなっております)

 

 まずここの理解が不足している施術者が多いですね。

 

 それと全く同じ理屈で股関節へのアプローチが必要となります。具体的には股関節を支配する主な筋肉が殿部にあるため、殿部へのアプローチとなるわけです。
(膝内側が痛む場合は腹部の操作が必要となる場合もあります)

 

 これら共通する一連の操作を終えた上で、それぞれ重点となるポイントへのアプローチとなるわけですから、膝が痛いからと言って、膝周りだけのマッサージで終わったり、周辺に電気をかけたりしても・・・・良くなる確率が低いのは当然です。 

 

 人工膝関節も驚くべき進歩を見せておりますが、そこまで必要になる、というのは適切な治療法に巡り逢えなかったとしか言いようがありません。

 

 事故で膝が破壊でもされない限り、人工膝関節などあり得ないのです。

 

 軟骨が磨り減り、もはや手術しか方法はない、と言われたとしても諦める必要はありません。

 

 必ず、膝の痛みから解放されます。

 声を大にして言います。是非、いらして頂きたいと。

 

施術について(時間・料金・所在地等)へのリンク

この無料メルマガはブログ記事の案内と、その記事の背景にある公式的には書けない内容をお届けするするものです。メールアドレスを記入して登録ボタンをクリックするだけ!

お気軽にどうぞ!