ガンとリフレクソロジー

 思うにガンは告知すべき病気ではないだろうか。

 何故なら、ガン療法の選択は自分で決めるものだと思うからである。

 

 誰の命でもない、自分の命である。その命を他人の選択に任せてよいものであるとはどうしても思えない。ガンは急性的に死に至るものではないし、ましてや、今日告知されて明日死ぬというものではない。ならば、これだけの情報社会である。ガン療法に関して充分な情報を仕入れ、自分で対処法を選択する余地があって然るべきものと考えるが如何だろう。


 勿論、本論において足揉みさえ受けていればガンにかからないとか、ガンが治ると言うつもりはない。数多くの“ガンに効く”という民間療法もすべての人に有効なものでもないのは承知している(中にはインチキ臭いのもあるのも周知の事実だ)。

 若し、私自身がガンにかかったらどうするか?
 おそらく、現代医学のガン三大療法(抗がん剤、手術、放射線)は受けるにしても限定的だと思う。当然、癌の種類によって選択肢は変わってくるが、例えば、あまりにガンが大きくなりすぎて、それらによって叩かねばならない場合のときとか、である。


 しかし、おそらく一時的であろう。

 なぜか?

 経験から言って助かることが少ないからだ。それら三大療法を受け、それを続けた者は殆ど死んでいる。


 数多くの癌患者の施術において気がついたことがある。
 化学療法(抗がん剤)等が功を奏してガンが退縮してそのままその状態を維持できる者もいれば、最終的に押さえきれず、結果として死に至る者もいる。この違いはなんだろう?


 一言でいえば転移の有無だ。転移しなければガンは恐ろしい病気でもなんでもない。


 では転移する者としない者のどこが違うのだろうか?
 使い古された言葉だが、その者の持つ免疫力に関わってくることは間違いない。


 では免疫力とはなんであろうか?
 この場合、ガンを自身の力で叩く能力のことをいうわけだが、その仕組みは意外に知られていない。ガンを叩いてくれるその本態はリンパ球である。キラー細胞というリンパ球がガンを叩く本隊としての役目があるが、キラー細胞は基本的に盲目である。T細胞の誘導があって初めてガンを認識し攻撃してくれる。しかし、抗がん剤や放射線、または手術による迷走神経遮断はすべてT細胞の不活性につながるのだ。つまり現代医学のガン三大療法は広い意味で免疫抑制作用があるのである。

 

 細菌性の病気は抗生物質が功を奏するが、これとて最終的には自身の免疫力によって治しているわけで、自身の免疫力がなくなればどんな強力な抗生物質でも細菌性疾病を根治できない。自身の免疫力そのものが機能しなくなるエイズが恐ろしい病気である所以である(カリニ肺炎やカポジ肉腫などという通常罹らないような病気で死んでしまうわけだ)

 

 現代医学におけるガン三大療法は人工的なエイズ様状態を作り出すと言えば言いすぎだろうか。抗がん剤による著しいリンパ球減少に耐えられる者は少ない。それでもごく稀にリンパ球の絶対量が多い者が転移を自ら防ぎ、その状態で生を維持していられるわけだ。しかし、リンパ球の絶対量が多い者は限られている。だから、ガンから生還できる者が少ないのである。


 逆にリンパ球を自ら増やし、ガン細胞を常に攻撃してくれる体質を作っていくことができればどうか。生還率は飛躍的に高まるだろう。

 結局、自分の身体は自分で守るしかないわけで、そのようなライフスタイルを確立することが必要なのである。


 具体的にはストレスの除去が基本となろう。ストレスは免疫力、つまりリンパ球を著しく減少させる。ガンに罹ったというだけで通常では考えれないストレスを受ける。死の恐怖はストレスの中でも最大のものかもしれない。しかし、生還した者はすべてこのストレスを乗り越えているのである。ある者は生活の中に「笑い」を取り入れたり、ある者は宗教的な心の安らぎを求めたりと。これらは全てストレスの除去である。ある種達観できる境地を求めるということだが、ストレスを除去し、リンパ球を増やすという意味において理に適っているのである。「患者よガンと戦うな」という本がベストセラーになったことがあるが、一面真理をついているような気がする。諦めとは違う「受容」が心の底から湧出したとき、変化が起きることは古今、報告されていることである。

 

 さらに身体の治癒システムを積極的に利用しリンパ球を増やしていくことである。
 リンパ球を増やす方法としては東洋医学的な鍼灸指圧が有効であろう。リンパ球、特にT細胞は副交感神経の支配を受け、副交感優位において最大活性を得られる。東洋医学は基本的に副交感神経を優位にするのが得意である。鍼灸においてはそれなりに難しさがあるが、指圧などは単純推圧によって瞬時に副交感優位となる。しかし、指圧がガンに効くなど聞いたことがないと思う。これは業者が悪い。勉強不足の一部の業者はいたずらにお客に迎合し、強い押圧を行ってしまう。強い押圧は交感緊張を生み、一時的な活力を湧出させることはできるが、生体の持つ治癒システムを発動させ得ない。指圧を受ける側の要望に応えるためなのだが、プロなのだから毅然とした態度でお客を説得するべきだ。

 

 だから、最初から治病など放棄しているが故に鍼灸などからみれば一段低く見られているのが現状なのである。それでも、よく勉強し研究している指圧業者もいるわけで、そういう人を探して定期的に施術を受けることができればリンパ球増大に必ず寄与するはずだ。


 指圧は東洋医学の中でも一段低く見られていると言ったが、リフレクソロジーなどはさらに低く見られている。慰安、娯楽の何ものでもないというのが今日の認識であろう。長い間、この業に携わってきた者として、あまりに悲しい現状だ。


 「癒し」という言葉の持つ雰囲気、欧米文化への憧れ、または直営サロンに勤められるという実利的な側面、これらによって大ブームになった。治病には何の役にも立たない曲技、曲手をいたずらに誇り、セラピストなどと名乗るに至ってはいくら商売とは言え、恥ずかしくないのかと言いたい位である。セラピストやヒーラーではなく慰安婦と名乗るべきではないのか。ま、資本主義社会であるから商売に成功すれば何でもありなのかもしれない。


 話がそれてしまった。ガンの話である。
 リフレクソロジーは正しく生体に働きかけることができれば、安全で最良の療術である。


 体幹部への刺激が直接的にないということは下手な刺激でガン細胞を刺激し増殖させる心配がない。鍼灸や指圧より安全にリンパ球増大に寄与できる。


 正しく働きかけるというのは、圧が足部から浸透していく様をいうのである。古来、それを響きと呼んだものである。圧の浸透は擦っても揉んでも達成できない。指圧師などでも正しく圧を体内に浸透させることができる者が少ないのを見ても、リフレクソロジーにおいて圧を浸透させるのはある一定の訓練がいる。詳しくはまた別の章で論じたいが、真に押圧の仕方をマスターできれば、交感緊張が解除され、副交感優位となりT細胞が活性される。そして、白血球のうちリンパ球が30パーセントを超えることができれば転移が止むのである。悪くともガンと共存できる。つまりガンではあるが、ガンでは死なない状況となる。ガンと共存し、生を全うするというのはチベット医学の考え方であるが、彼らはガンになってもガッカリせず、治療もしないで旅に出たりする。それでいて致命率が低い。副交感優位の作用であろう。日本においてはガンに罹ったからといって、フラリと旅に出ることは難しかろうが、ガン患者のケアーにおいてリフレクソロジーを取り入れることができれば、致命率が低くなることは間違いない。体質的にリンパ球の絶対量が多い者は完治さえ出来るはずである。最終的にガンを叩いてくれるのは他でもない自分の免疫力なのだ。

 


この無料メルマガはブログ記事の案内と、その記事の背景にある公式的には書けない内容をお届けするするものです。メールアドレスを記入して登録ボタンをクリックするだけ!

お気軽にどうぞ!